ビルメンテナンス

現在、施設環境に対する要望の多様化・複雑化に伴い、建築物における要求水準・内容も施設の性格に沿うような柔軟性が求められます。建物総合管理業務として設備管理・環境管理各法令等の対応、そして清掃業務につきましても総合的且つ専門的な立場に立った管理業務が要求されます。建物か大切な資産・財産であり、施設にかかる維持管理はオーナー様にとって重要な位置付けとなっています。

当社では建物のLCC(ライフサイクルコスト)を比較評価、豊富なデーターベースによりベストソリューションを立案・提案致します。中長期的計画の立案と省力化、省コスト等具体的な「かたち」にした提案を基に、総合的なビルマネージメント・コンサルティングパートナーとして大切な資産・財産をサポート致します。


総合管理業務

  • 設備管理業務ー電気・空調・給排水 他
  • 運転監視業務
  • 巡回点検・整備業務

 


中央監視室



機器操作盤


機械室(冷温水発生機)


冷却塔


環境衛生管理

  • 建築物環境衛生管理技術者の選任
  • 環境衛生管理基準の維持管理
  • 貯水槽清掃
  • 排水管、排水槽清掃
  • 空気環境測定
  • ネズミ、昆虫等の防除

 


空気環境測定


清掃管理業務

  • 日常清掃
  • 定期清掃
  • 特別清掃
  • 建築物外壁、池、噴水他各種清掃

 


外壁洗浄



光触媒施工


外壁洗浄・光触媒施工


フィルター清掃



PFI事業、指定管理者制度


「りすぱ豊橋」正面玄関

PFI(Private Finance Initiative:プライベート・ファイナンス・イニシアチブ)事業とは公共施設などの建設、維持管理、運営などを民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用して効率的かつ効果的に公共サービスの提供を図る手法のことです。

中部技術サービスでは、2007年10月豊橋市では初のPFI事業としてオープンした豊橋市資源化センター余熱利用施設「りすぱ豊橋」に事業者の一員として参画しているのをはじめ、積極的に事業展開しております。


同施設は維持管理を行う中部技術サービスをはじめとする4社によって設立された特別目的会社、(株)エコールとよはしが、2006年9月に着工し、2007月9月に竣工。今後2022年まで15年間にわたって維持管理を担っております。

 


受水槽・ガス貯蔵タンク



地下水浄化装置


蒸気発生装置


貯湯槽



りすぱ豊橋

page top